STEP1

使用方法テキスト使用方法テキスト使用方法テキスト使用方法テキスト使用方法テキスト使用方法テキスト

商品概要

感染症対策テントへオプションとして取付けられる、PCR検査ブースです。
医療従事者様と患者様の接触を最大限に減らす事で、飛沫感染を防ぎ、医療従事者様の感染リスクを抑えます。ブース内を陽圧とする事も可能です(オプション)。

特徴

医療従事者様と患者様の接触を最大限に減らす

PCR検査において、医療従事者の感染リスクを減らす事を目的に、PCR検査ブースを設計致しました。
ウイルスの感染経路として挙げられる「飛沫感染」「接触感染」を最大限に抑え、防ぐ事を目的としています。

正面は透明で視認性の良いビニールシートで、飛沫を防ぐ事ができます。また手だけを「手出し穴」から出す事で、接触感染も最小限に留める事ができます。

完全に分けられた空間で、ウイルスをシャットダウン

PCR検査ブースは、屋根、側面、正面、床シート、全てが一体になっており、ブース内は密閉された空間となります。ここへ送風機で外気を送り込む事で、PCR検査ブース内を「陽圧」にする事ができます。

ブースはテントフレームへ固定する事で簡単に形状を保持する事ができます。また、感染症対策テントへ取り付ける事で、屋外でも安心してご使用頂けます。

効率よく検査を!2名同時に使用できます

正面は透明ビニールの為、視認性も良く、患者様の状態を観察する事も出来ます。
2名を同時に検査できる様に、2ヵ所の手出し穴を用意しています。

背面には出入口が有り、PCR検査ブース内部へ机などの大きな荷物も入れる事が可能です。
医療従事者の方はここから出入りするので、患者様と接触することもありません。

背面には出入口が有り、PCR検査ブース内部へ机などの大きな荷物も入れる事が可能です。

PCR検査ブースを陽圧にして、よりリスクを軽減できます!

密閉式の検査ブースは、外気を取り来む事で陽圧の状態となります。上の写真は陽圧でブースが膨らんだ状態です。ブース内の空気は、患者側の空間へと流れていきます。(送風ブロアは別売となります。)

使用方法

組立手順

感染症対策テントの設置と合わせて、PCR検査ブースの取り付けを行います。

感染症対策テントのフレーム(水平桁)へ、PCR検査ブースを、4方向固定していきます。

背面は大きな開口が御座いますので、医療従事者様の出入りや、机などの大きな荷物の出入れも容易です。

オプションの送風機をご使用頂くと、PCR検査ブース内を陽圧にする事ができます。

背面からのアクセスとなります。

屋外でご使用頂くに辺り、スポットクーラーがあるとブース内は過ごしやすくなります(オプションです)。背面へ取付けます。

オプション

仕様・価格表

仕様・価格【PCR検査ブース単体】
名称Ref.幅x奥行(㎜)全高(㎜)本体重量(㎏)希望小売価格(税込) 
感染症対策テントS用ICT-PCRS 2.680x1.800 2,000 15108,900
感染症対策テントM用ICT-PCRM3.550x2.6802,00020118,800
感染症対策テントL用ICT-PCRL3.550x3.5302,00025145,200
送風機(雨除けカバー付き)  ICT-BRO10121,000
価格【感染症対策テントとセットでご購入の場合】
名称Ref.希望小売価格(税込)
PCR検査ブースS+感染症対策テントŞセットICT-SSE512,600
PCR検査ブースM+感染症対策テントMセットICT-MSE584,100
PCR検査ブースL+感染症対策テントLセットICT-LSE668,800

※※本品は『感染症対策テント』のオプション品です。単体でのご使用はできません※※
☆単体でのご使用希望の方は、『独立型PCR検査ブース』のページをご覧ください。

【別売り オプション品】
・送風機
送風機は雨除けカバー付きとなります。

消費電力:125W/160W(50Hz/60Hz)
最大風量:240㎥/h / 300㎥/h (50Hz/60Hz)
本体重量:約10kg

PCR検査ブース内の空気循環量は以下の通りです。
Mサイズの場合:約13回/h / 約16回/h(50Hz/60Hz)
Lサイズの場合:約10回/h / 約12回/h(50Hz/60Hz)

・スポットクーラー
屋内用のスポットクーラーです。排気ダクトをブース内へ入れて使用します。

消費電力:0.71kw/0.87kW(50Hz/60Hz)
消費電流:7.8/8.7A
電源:100V
重量:36kg
冷房能力:1.9/2.2kw(50Hz/60Hz)
メーカー:デンソー製

 

製品仕様書等ダウンロード

関連商品