自社工場だから出来るテントづくり
ゴトー工業の技術・製作現場紹介

ゴトー工業は、創業76年の老舗テントメーカーとして、自社工場での製造にこだわり、川口工場と新潟工場の2拠点で、ものづくりを行っております。
試作品から量産品、オリジナルテントと、お客様のあらゆるご要望へお答えします。

テントづくりは大きく分けてフレーム加工(金属加工)とシート加工の2つから成り立っております。

※クリックすると関連項目に飛びます

フレーム加工・金属加工について

フレームの製造工程は、≪部品製作≫≪組立加工≫から成っております。
弊社のパイプテントは、パイプ自体に溶接をせず、溶接済みの部品をパイプへカシメて固定し、製品にしております。
これは、パイプへ直接溶接すると、その後のメッキ処理時にハンドリングが悪くなる事、そして処理を怠ると、錆びて強度が落ちることを防ぐためです。

部品製作

まずは、テントを構成する部品を製作します。

1.溶接加工
テントフレームには、多数の部品を使用しておりこれら部品の制作に、溶接を駆使しております。
規格品を作る際は、溶接ロボットによる溶接作業を行っております。
特注品を製作する際は、工場の熟練工達の手作業で製作いたします。
ゴトー工業では規格品の大量生産も、特注品の小ロットも、お請けすることが可能です。

 

2.曲げ加工
曲げ加工は、その名の通りパイプを強力な力で曲げる加工です。
桁のパイプを差し込むところによく使用しています。
主に使うのは31.8φ、22.2φ、19.1φの3つの直径のパイプです。

 

3.絞り加工
絞り加工は、機械を用いてパイプの先の直径を細くし、
別のパイプに差し込むことでパイプ同士を連結できるようにする加工です。
弊社では、31.8φ、22.2φの2種類の径のパイプを絞ることが出来ます。

 

4.面取り加工
面取りは、切りっぱなしのパイプの端を触ってケガをしないように、
専用の機械でバリ取りをして、丸みをつける作業です。
ゴトー工業では、手が触れる可能性のある部分はすべてこの面取りを行っています。

 

5.メッキ加工
ゴトー工業で製造しているテントのパイプフレーム・部品には、基本的に全てにメッキ加工が施されております。
メッキの色は、基本的にシルバー(ユニクロメッキ)と黒(有色クロメート)の2色を採用しています。
ゴトー工業では、大きな長物もメッキ加工できますし、細かいものを1000個、2000個・・・と、
メッキ加工することも可能です。もちろん1個からでも承ります。

 

6.塗装加工

ゴトー工業では、メッキ加工だけでなく塗装仕上げも行っております。

メッキ加工→塗装の順で加工しておりますので、例え塗装部分が取れても

錆びに強い特徴は健在です。

 

組立加工

製作した部品を、パイプにカシメ、フレームを形成していきます。

パイプテントの全ての構成部材は、プレス作業により、パイプへ部品をカシメて製作していきます。

ゴトー工業では、パイプテントの生産において、

「品質を落とさず」、「安定して効率よく」、「大量生産する方法」 を考えた結果、
プレスによるカシメ方式での、パイプテント生産にたどり着きました。

この生産方式により、皆様の短納期の受注にお答えする事が出来ています。

 

シート加工について

シート加工は、新潟工場・川口工場の2拠点で行っております。
パイプテント用のシート加工に限らず、カバーや収納袋、トラックシートやタイヤカバー、
オーニングや懸垂幕など、あらゆる幕類の製造を承っております。
シートの加工は、主に≪裁断≫≪溶着≫≪縫製≫≪仕上げ加工≫から成り立っております。

裁断

ゴトー工業では、裁断を自動裁断機によって行っております。
新潟工場:ZUND社製 G3 XL-3200 対応原反幅2,270㎜ コンベアシート送り
川口工場:㈱島精機製作所製 P-CAM221S対応原反幅2,200㎜ コンベアシート送り
国内製のテント生地は、2,070㎜幅が最大ですので、ほぼ全てのシートが裁断が可能となります。
それぞれの機械に特性が御座いますので、仕事内容に応じた使い分けをしております。
自動裁断機は、人手による裁断の様にズレが起こりにくく、複雑な曲線もミリ単位で、正確に、素早く裁断が可能です。
ロット毎の仕上がり公差やバラつきもほとんど無い為、お客様から製品の仕上がりに信頼を頂いております。

 

溶着

裁断した生地貼り合わせて、1枚の大きなシートへと加工する際に、溶着という作業を行います。
溶着した部分はシート同士の塩ビがしっかりと溶け込み合う為、雨などの水が入りません。この溶着をするための機械が高周波ウエルダーです。
テントは、「雨よけ」の用途として使用される事が多いため、この高周波ウエルダーは、シート加工の上で、かかせない機械となります。
大きなシート同士をつなぐだけでなく、小さな部品やロゴを溶着したり、金型次第で様々な用地に活用しております。

 

縫製

周囲の仕上げ、部分的な補強取付、ファスナーの取付などシートの細かい加工は、ミシン縫製で行います。
弊社では1本針ミシン、2本針ミシンを用途に応じて使用しております。

 

仕上げ加工

ハトメ打ち シートを結わくヒモを付ける為に、ハトメ打ち機でハトメを打ちます。通常は#25の真鍮色を使用しておりますが、
用途に合わせて、ハトメの大きさや素材(アルミ・真鍮・ステンレス)を選んでいます。
紐付け 前工程で打ったハトメへ、結わきヒモを付けます。お客様のご要望により、紐の材質、色、長さを選んでおります。

 

このようにして、ゴトー工業では、日々お客様により良いものをお届けできるよう、社員一同日々尽力しております。

「テントじゃないけれど、こんなフレームをつくれないか?」
「製品情報にはないような特注の幕って作れない?」
「納期あまりないけど、引き受けてもらえるかな?」


上記のようなご相談、是非ゴトー工業にお任せください!
誠心誠意対応させて頂きます。

 

ゴトー工業の特徴